Dec 18, 2005

The Empty House

 今日は「空家事件」の話をしようと思います。(この時点で、何の話かわかった方は、ちょっとマニアですね。)
 100年の俗評を越えてきた作品を、今また俺がこんなところで紹介することにどれだけの意味があるかは甚だ疑問ですが、これを機にひとつ手に取ってみようかと思われる方も多少はいらっしゃるのではと信じて、書いてみようと思います。興味のある方はどうぞお付き合い下さい。世界で最も有名な探偵の話です。

 言わずもがな、シャーロック・ホームズの名を一度たりも耳にした事がないという方はいらっしゃらないと存じます。昨今では「名探偵コナン」を通じて興味をもたれた方もいらっしゃることでしょう。そんなホームズ作品最大の魅力は、当然、その推理小説としての完成度の高さにあります。しかし、この点に関しては世に溢れんばかりの「分析」が存在し、かつ俺ではそれをなすには足りないので、ここではあえて別の視点、そのキャラクター性に注目してみようと思います。
 そこで取り上げるのが「The Empty House(空家事件)」です。1903年に発表されたこの作品は、短編集「THE RETURN OF SHERLOCK HOLMES(シャーロック・ホームズの生還)」に収められています。本作は、ホームズの卓越した推理劇を味わえるといったものではありません。ホームズのなす「推理」はごくわずかです。しかしこの作品以上に、ホームズとワトスン、この愛すべき二人の人物を的確・簡潔に描写したものはないのではないかと思うのです。

 モリアーティ教授とライヘンバッハの滝に落ち生死不明の状態に陥るも、三年の時を経てワトスンの前に生還してみせるシーンでは、ホームズは古書店を営むうらぶれた老人として現れます。ワトスン宅へ上がり込み、その書棚へワトスンの注意を向けさせた瞬間、そうワトスンが書棚へ首をまわしそして向きなおるその刹那に老人は姿を消し精悍な探偵が現れるのです。ニコニコと微笑みかけるホームズに、「ああ!やられたぁ!!」と読んでいるこっちは大興奮です!(ちなみにワトスンの驚きはもっと凄く、その場で卒倒しちゃいます。)
 滝壺に落ち生死不明といっても、本のタイトルが「生還」なのですし、もちろん読者は皆ホームズが生きて帰ってくることは知っています。このような予断は、意外性という点からすれば明らかに不利になる点でしょう。しかしどうして、このわずか1ページにも満たない描写で、そんな予断などものともせず我々は驚かされるのです。粋なのか嫌みなのかお茶目なのか、「シャーロック・ホームズここにあり」といったシーンです。
 目を覚ましたワトスンの喜び様といったらないですよ。『うん、とにかく幽霊じゃないようだ。』と、ホームズの身体を確認してみたり、早く生還の訳を話してくれとホームズを急かす姿は、ワトスンのかわいさとその友情の深さがよく描かれています。読んでてワトスンと一緒になって喜べる、本当にいいシーンです。
 ホームズが長く不通のままでいた訳を話すシーンでは、『この三年間、君に手紙を書こうと思って、ペンを手にしたことも何度かあったが、そのたびに、僕への愛情に君が引きずられて、秘密を露見させるような無分別をしでかしはしまいかと、心配になった。』なんてことを言ってますが、これなどホームズでなければ、そしてワトスンに対してでなければ言えない台詞でしょう。唯一無二の友人ワトスンに対するホームズの友情と、それと相克する冷静さ、加えていつもの嫌みっぷりがよく伝わってきます。
 また、犯人を捕らえるためにホームズは自らに似した鑞(ろう)人形を部屋に仕掛けるのですが、ワトスンは窓に写るその影を外から見つけた時、「驚きのあまり、手を伸ばして、本物が傍に立っているかどうか確かめてみた」りしてます。そしてそんなワトスンを見て、ホームズは「身を震わさんばかりにして、笑いをこらえている」のです。もう、眼前でコントが繰り広げられたかのように、リアルに状況が伝わってきます。二人のやりとりとはいつも終始こんな感じであって、本当に仲の良い二人です。

 以上、俺の拙い文章ではとても伝えきれるものではないのですが、本作の魅力を少しばかりですが伝えてみました。他にも本作では、ホームズの高慢さや気忙しい様、またワトスンの冒険に対する好奇心の強さなどもよくよく描かれています。
 先にも述べた通り、この程度の予断ではものともしない存在感で迫ってきますので、よかったら文庫本を手に取ってみて下さい。なお、「最後の事件」だけは事前に読まれておいた方が、より本作を楽しめるかと思います。

(*)引用は、コナン・ドイル著、阿部知二訳「シャーロック・ホームズの生還」(創元推理文庫)より。