Apr 14, 2006

テクノロジーの描く未来

 先日WBSに梅田望夫さんが出演なさっていたのをきっかけに、話題の「ウェブ進化論」を読んでみました。これからの人生を変えかねない程の衝撃を受けたので、少し詳しく書いてみます。感想は、ずばり「テクノロジーは再び明るい未来を描くかもしれない」です。

 昨今は、社会は閉塞感で満ち満ちもの凄く生きにくい時代だと言われます。なにせとかく「暗い」。夢や希望という、人生の指標として多いに用いるべき概念が絶対的に抱きにくくなっている。今の子達は大変だなぁとちと不憫に思います。
 大阪万博、東京オリンピックに象徴される高度成長期といえば、「明日は今日よりもっといい」という夢と希望に溢れた時代と語られますが、その高度成長期と現在との最たる相違点は、科学そして具体的なテクノロジーが持つチカラだと思う。当時のテクノロジーは常に明るい未来を想像させる力をもっていたのに対し、現在のテクノロジーにそのような力は皆無で、あるのは過大な商業主義から漂う強烈な臭気だけである。パイの奪い合いに疲弊しては、あるはずもないウォンツを無理矢理創出して「隣人はニーズを感じていますよ」と吹聴する。自動車、住宅、PCと枚挙に暇はありませんが、中でもやはり最たるものはケータイ業界でしょうか。ひどすぎます。
 かような「大衆=衆愚」という認識が垣間見える手法は、いかにも権力的で、吐きけをもよおします。現代の物質的に成熟した社会では致し方ないのかもしれないが、もう少しでも洗練されたマーケティング手法はないものなのだろうか。

 お察し頂けるかもしれませんが、いかにも俺はペシミストでして、まぁいい年なんで全てを「社会」のせいにはできませんが、それでも幾分かの影響を受けてぼんやり生きていました。しかし違った!本書が教えてくれました。テクノロジーは再び明るい未来を描くかもしれない。
 筆者は、アメリカ同時多発テロ発生後の憂鬱な時期に、グーグルから勇気と元気の源を与えられたそうですが、俺も本書からこれから先生きていく元気の源を与えてもらいました。表紙にもうたわれていますが、まさに本書自身が「オプティミズムと果敢な行動主義」に満ちています。

 たまたま本書と同時期に、村上春樹「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」を読みました。そこでは、個の滅却によってもたらされた絶対安息の「世界の終わり」をアンチテーゼとして描きながら「個」の尊さを伝えていました。
 僕は昔やっていたのと同じように影をひきずり、悩んだり苦しんだりしながら年老いて、そして死んでいく。たぶん僕にはそういう世界の方があっているんだろうと思う。心にふりまわされたりひきずられたりしながら生きていくんだ。
 本書はそんな「個」について、米ニューヨーカー誌のコラムニスト、ジェームズ・スロウィッキーの著書『Wisdom of Crowds(群衆の叡智)』を紹介して、
 「個」が十分に分散していて、しかも多様性と独立性が担保されているとき、そんな無数の「個」の意見を集約するシステムがうまくできれば、集団としての価値判断のほうが(優れているとされる「専門家」より)正しくなる可能性がある。
と述べています。そして、そんな
 不特定多数無限大の良質な部分にテクノロジーを組み合わせることで、その混沌をいい方向へ変えていけるはず
であり、
 私たちはそれを考えていかなければならない
と結んでいます。

 無論両書を結びつけるのは単なるこじつけですが、偶然にも「個」の尊さを再認識していた時にその理念を実現する具体策を提示してもらったような気がして、すっかり幸せな気分になれました。これは夢でも理想でもない、単なるコトバではない具体的なテクノロジーはかの明るい未来を描いているのだ。

 最後に、グーグルは2004年8月の株式公開に際してこう言ったそうです。

Making the world a better place

そうじゃないかもしれない。でも、そんな未来を俺も描いていこうと思う。

No comments:

Post a Comment