Jul 14, 2006

夢はアッチにおいといて

 嫌な夢を見たの、と私は言う。彼は暗闇の中でゆっくり首を振る。それはただの夢だよ、と彼は言う。夢は過去からくるものなんだ。未来から来るものじゃない。それは君を束縛したりしない。君が夢を束縛しているんだ。わかるかい?
村上春樹 「氷男」


 俺はわりと夢見が激しい方で、自ら見る夢のせいで目覚めては「ぐったり」ということがままあります。しかも悲しいかな「嫌な夢」の方が圧倒的に多く、もう夢精しちゃうよ♪って夢を見たのは一体いつのことだろう。

 彼(氷男)によると、こんな俺の夢を束縛しているのは俺自身のようだ。う〜ん、コッチの俺がしたことが、アッチの俺を束縛するのか、、、う〜ん、どうなんだろう。今これを書いているコッチの俺としては、アッチの俺を支配するのはコッチの俺だと思いたいような気もするが、ちょっとアッチの俺に申し訳ない気もするし、おこがましくもある。もしかしたら、全然関係ない隣のななちゃんが束縛しているかもしれないし。まぁ何かしら関係はあるとは思うが、誰のせいかはちょっと解らないのでこの際おいておこう。

 さてさて、俺の夢を俺自身がもたらしてようと、隣のななちゃんがもたらしてようと、そんなことはどうでもよく、大事なのは、いかなる夢も過去からくるものにすぎず未来には何ら関わりのないものだということ。
 いちいち夢ぐらいで反応せず、「あぁ、アッチの俺は苦労してるんだなぁ」くらいで済ましておかないと、解らない誰かのせいでコッチの俺まで束縛されてしまうことになりかねない。それは困る。
 ま、要は、少なくともアッチの世界ではなくコッチの世界にいる俺としては、アッチの世界のことは「夢」としておいといて、コッチを「現実」としてしっかり生きねばならないな、とか思った訳です。おわり。

No comments:

Post a Comment