Jul 26, 2006

Good Bye my SCUDELIA ELECTRO

 そっか、解散したんや。

 遅ればせながら、「live: locus. and wonders.」を購入し、ようやく俺もラストライブに参加することができた。
 とりあえず再生。用事をしながら、流しながら、ニコニコ聴いていた。なんとなく過ぎたライブも佳境、そうそう小吉がMCで「後半戦あと残り少ないが、盛り上がってくれ」と言った頃だ、何故か手を止め灯りを消して「ちゃんと」ライブに参加し出した。
 Good Bye Nautilus、ミラージュ、CRY、Moonbaseと、怒濤のようにScudelia Electroがこの部屋を駆け回り、俺はすっかりライブハウスに立っていた。『よっしゃこれからいくで!』という気満々の中なのに、Better Daysで結ばれた。その強制的な終局は、悔しかった。『なぁ今から、、、だろ?』と未練が溢れてきた。だが、これが終局だということに何の疑問もなかった。このBetter DaysはScudelia Electroそのものだった。楽しさ、切なさ、そして過剰なまでの美しさが、それこそ「完璧」に存在していた。

 知ってるよ、このライブはあと2曲なんやろ
 どうぞ、やってくれ

 Truthにはさすがに苦笑いを禁じ得なかった。いささかの嫌悪感すらあった。用意された終局、流れるのは完璧な鎮魂歌。

 そうだな、終わろう
 あぁ、終わってくれ

 小吉は「あと1曲な」といって、サマーレインを始めた。サマーレイン、そうか、サマーレインか。鬱屈しかけた心に完璧な癒しがもたらされた。『あぁ、くそ、気分いいよ!ああいいさ!』もう笑うしかなかった。そして、泣いた。笑っていたはずなのに、気付けば閉じた瞼の隙間からこぼれてきた。この瞬間に「理解」した。

 そうか、なるほど、SCUDELIA ELECTROは解散したんやな。


No comments:

Post a Comment