Sep 5, 2006

想い出はいつも美しい

人生においてもっとも素晴らしいものは、過ぎ去って、もう二度と戻ってくることのないものなのだから
村上春樹 「使いみちのない風景」

 素晴らしき想い出ってありますよね。そう、決して戻ってくることのない人、時間、空間、そういうもの。「もはや未練などない」と一生懸命思ったり、「すっかり忘れてる」状態なのに、ふと、唐突に現れるあの人、あの時、あの場所。それらはいつも美しい。美しすぎて困ることだってままある。しかし、それもまた素晴らしい。
 こういうのを幸せとは言わないのだろうが、素晴らしいんだから悪いことではないのだろう。