Mar 31, 2008

雨対策

 この3月は概ね暖かかったが、断続的な降雨もあった。この「雨」というものは、言わずもがなメリットは多いのですが、困ることも同じくらい多いのです。
 まずホウレンソウやトマトのように水分過多に弱い作物の栽培が難しくなるのが一つ。
 次にこの辺りの土は粘土質のものが多く、水分を含むととにかくベタベタとまとわりつきます。このせいで畑内の作業性は著しく低下します。また、現在ベジベジでは商品のラッピングはさせていただいておりませんが、他の直売所に出荷する際はナイロン袋に入れるのが通常で、ここでも収穫物が濡れていると凄まじく作業性の低下が発生します。
 最後に、作付け前には畑の土をトラクターを用いて耕運・畝立て(作物が植わる盛り上がったベッド部を作る作業)をするのですが、土が湿っているとこのトラクターでの作業も困難になります。左記の通り土が粘土質なものですから、肥料等の混和作業は困難となります。粘土をペタペタ捏ねているようなもので、土を混ぜれば混ぜるほど団子のように固まり、それが乾燥した日には畑一面土塊の山です。またこの土塊は表面の目に見える部分にとどまらず、下層部でも同様に塊となりますから、畑全体の通気性・排水性も悪化してしまいます。表面の土塊は乾燥後にまた砕土作業を行えばなんとかなりますが、下層部のそれは大問題です。通気性・排水性が悪化すると作物の栄養吸収器官である根部の健全な成長が阻害されます。もちろん、雨を嘆いているのですからさらなる排水不良はますます困るだけです。

 以上のように恵みの雨も常に困難とセットにやってくるわけですが、施設(ビニールハウス)を用いず露地栽培にこだわってやっている以上こればっかりは不可避ですから、少しでも賢く上手に自然とつきあっていければと日々頭をひねっている次第です。

Mar 21, 2008

悲観論

 悲観論をとなえるのは、賢明さを装いたい人にとってとくに便利な方法のひとつだ。そして、悲観的になる材料は山ほどある。だが、いつも悲観論をとなえていては、考えることを放棄する結果になる。
 「悲観論者が天体の神秘を解明したことはないし、地図にない土地を発見したことはないし、人間の精神に新しい地平を切り開いたこともない」と、ヘレン・ケラーは書いている。幼児のときに視力と聴力を失いながら、世界三十九か国を訪問し、十一点の本を書き、その人生を描いた二本の映画がオスカー賞を受賞し、視聴覚障害者の権利のために八十七歳で死ぬまで戦った人物だ。
 ドワイト・アイゼンハワーは第二次世界大戦でノルマンディ上陸作戦の指揮をとり、戦後にアメリカの第三十四代大統領になったが、もっとあけすけにこう語っている。「悲観論で勝てた戦はない」
アルビン・トフラー、ハイジ・トフラー 「富の未来」

 自戒をこめて転記しておきます。それにしてもこの「富の未来」は示唆に富んだ良著でした。ごくごく近未来における世の中の仕組みに興味がある方にはうってつけではないかと思います。

決定回避の法則

 こんな言葉は大和証券のCMで初めて知りました。見たときは「あ~、な~るほど~」という感じでした。


 ここベジベジでも皆に好きな数だけお買い上げいただこうと、ホウレンソウなどの菜っ葉類やミニトマトなどを8円/本、10円/個といったように極端に小分けして販売していましたが、これこそ決定回避の法則によるとかえって購入を躊躇させてしまっていたのかもしれない。そう思って、今年は常識的な小分けサイズでお届けしようかと思っています。

 このCM以外にも大和証券のCM、広告は結構おもしろいものが多いので興味のある方は是非チェックしてみてください。個人的には「ファのない世界」篇なんか大好きです。

Mar 4, 2008

再起動

 ただいまです。じっくり、たっぷり休みをとらせて頂きました。なので、これからまた元気いっぱい新鮮な野菜をお届けしたいと思います!!・・・と意気込んではいたのですが、久しぶりに畑にいってみると、なんか変な鳥にいろんなものが食い荒らされていました。

 ナンジャコリャー

 白菜など見事なくらいきれーに食われていました。スポーツ刈りできれいさっぱり( ̄□ ̄; そんな訳なので、生き延びた数少ない野菜達からちょっとずつ再開したいと思いますので、ぼちぼちお付き合いお願いします(´~`ヾ)