Jul 10, 2008

また走り出しました

 2年程前は毎日走ってました。これは「無我夢中で何かに取り組む」といったメタファーとしての走るということではなく、文字通りジョギングという意味です。何故走っていたのかはあまり覚えていませんが、何故走り出したのかはハッキリと覚えています。それは、村上さんが走っていたから。今も昔も単純なゆーじ青年は、当時今以上に影響を受けていた村上さんが走っているという事実を知って、『そうか、村上さんがわざわざ走るんだから、きっと走ることには何かいいことがあるんだろう』と考え走り出しました。
 何故走るのをやめたのかは全く覚えていませんが、気付けば走らなくなっていました。始まりに理由があって終わりにはないとは、何だか恋愛と反対だね。
 何故また走り出したのかというと、今回もちゃんと始まりには理由があって、そう、「走ることについて語るときに僕の語ること」を読んでいて、『ああそうか、村上さんが今でもまだ走り続けているということは、きっと走ることにはかなりいいことがあるんだろう』と考えたから。

 そんな訳で朝の仕事を終えると、イズミヤさんの中にあるアクトスポーツというスポーツショップでランニング用のシャツとパンツと帽子を仕入れ、午前11時半から走り出しました。当時は農民ではなかったので毎朝走ることができたけど、今ではそれはかなわないので、少し暑いけど毎日朝の仕事を終えてから走ろうと思っています。人は年をとると理屈っぽくなるので、今回は走り続けるための具体的な理由も与えてやることにしました。10月にある淡路国生みマラソンに出ようと思います。さて、頑張るぞ。

No comments:

Post a Comment