Oct 26, 2008

壁よ消えろっ!

 季節がすすみ朝ベッドから抜け出しにくくなってくると、ジョギングのベストシーズンですね。皆さんもちょいと走ってみませんか。結構気持ちいいもんですよ。

 ほんの10日程前の状況を振り返ってみると、16kmくらいの距離なら苦もなく鼻歌交じりで走れるんだけど、これが20kmになると突然苦しくなって必死のパッチで走りきる、という感じでした。僕の中でこの16km~20kmの間、おそらく18kmあたりに「壁」が存在していた。それがどうだろう。この2,3日は明石まで(およそ23kmくらい)行って帰ってきても「あ~気持ちよかった(=´▽`=)」とか言ってられるんだから。もちろんこの10日で僕の体力が3割増になったのではなく、変わったのは心です。「20kmくらいなんてことない」と心底思えるようになった。ただそれだけ。あの、人間の所作としてこれ以上ない単調で機械的な、右足と左足の上下運動を支えるのは、我々の体力ではなく心なのだろう。
 限界という名の壁は、何処の誰でもない我々自らが進むべき道にトントンと木を打ちペタペタと土を塗りパンパンと固めた、そう、結構な時間をかけて入念に築き上げるものなのだろう。何せ自分自身で入念に作り上げた一品だから、そう易々と壊したり越えたりできるものではない。けれども、自分自身で作り上げたものだからこそ己の心一つで魔法のごとく消してしまえる、なかったことにしてしまえる、というのもこの壁の特徴ではないだろうか。「あ~、初めてのマラソン大会は苦しくも気持ちよくて楽しかったねぇ。終わってみれば20kmなんてあっという間だったよ。」なんて気持ちでまたいつもの道を走っていると、「あれ、そういえば、先週はこの辺におっきな壁がなかったっけ(o・_・)?・・・まいっか。」てなことになったりすのかも。
 そんなこんなで、次は12/23の加古川マラソンです。

No comments:

Post a Comment