Nov 30, 2008

喜びの舞を踊ってくれる方募集

いよいよ師走ですね。みんなコタツ出したか~?

さて本日のほぼ日「今日の女房」コーナーはこんなネタでした。
ボーナスが出ると「喜びの舞」と称して、
奥さんが明細の入った封筒を高く掲げ
満面の笑みでクルクル回ります。

20年近くやっているので、
他の家もそうなのかと思っていました。

(匿名さん)
2008-12-01-MON
僕もいつかこんな素敵な奥さんを見つけたいと思います。いやいや、まずボーナスを出せる体制をととのえなければ!

Nov 29, 2008

白ネギに挑戦してみた

 白ネギは青ネギと違い放っておいてもできるものではなく、白い部分を作るのにせっせと土寄せという土を寄せてくる作業(おお、そのままだ)が必要なので、これまで「面倒くせぇなぁ」と敬遠していたのですが、今年はちょこっと挑戦してみました。
 初めてだし、素人芸ではろくなのができまいと大して期待していなかったのですが、意外にそれっぽいものが穫れました。まともな白ネギは40cmくらい白い部分がありそうですが、うちのは25cmくらいしかありません。なんだか短足な感じです。だけど、味は抜群!甘くて、濃いぃ味で美味しいんだ♪こりゃちょっと"ない"味です。久しぶりに贅沢な気分になりました。
 ちょっとしかないですが、オススメです!!

Nov 21, 2008

せっかく・がっかりの係り結び

 ほぼ日刊イトイ新聞(ほぼ日)の本日付「今日のダーリン」で糸井重里さんが「せっかく・がっかりの係り結び」を禁止しますと言ったことがあると言っています。「せっかく・がっかりの係り結び」とはこういうやつです。
 「せっかくあなたのためを思って言ってるのに、期待に応えてくれなくて、がっかりです」
 この「せっかく・がっかり」は言った人にも、言われた人にも、誰にもいいことをもたらさないネガティブなまじないだよ。だから禁止します、と。という訳で、僕も禁止してみることにしました。皆様もよかったら禁止してみましょう。

Nov 18, 2008

ファッションというのは

ファッションというのは、始めるやつは英雄で、最後まで従わないやつは豪傑で、真ん中にいるやつはみんな馬鹿
山崎正和(劇作家)

今朝の天声人語を読んでてなんか笑っちゃいました。そうかもね~。

Nov 16, 2008

パンジー・ビオラ

 冬といえばどことなく「色」が足りなく感じるものですが、そんなくすんだ世界を鮮やかに彩ってくれる手軽な花といえばパンジー・ビオラでしょう!
 冬でも色とりどりの花が咲きほこり、丈夫で手間いらずと言うことなしです。
 パンジー6色、ビオラ2色を用意する予定です。思い思いアレンジして冬を彩って下さい。

Nov 4, 2008

もう金時人参だって

 正月にはかかせない金時人参を、間違っても正月をはずさないよう、12月前半~1月後半が収穫期となるよう設計して作付けしてみたのですが、もう穫れちゃいました。おかしいなぁ、早すぎだろ。ほんまに2ヶ月後の正月にまだあるんだろうか、、、ちょっと心配です。

Nov 3, 2008

うさぎお~いし かのやま~♪

 この前、「村上ラヂオ」についてユルイ内容でおかしかった(⌒▽⌒) って書きましたが、今度の村上さんはユルイを通り越して壊れてしまってました。その名は、「うさぎおいしーフランス人」(文藝春秋)。
 内容は、そだなぁ、村上さん本人の言葉をひくと、『すっごくくだらない』『まったく世の中のためにはならない』『脳減る賞』ものな感じです。皆さんがうっかり「そんなまた極端な。そう言いながらも、やっぱり村上春樹の作品、それとなく『グッとくる』部分があるんでしょ。私もちょっと読んでみようかしらん。」などと誤解をされたまま貴重なお時間を浪費してはいけないので、ちゃんと紹介しておきます。(本作はかるた形式で【あ】から【わ】まで小ネタが続きます。)
【う】うさぎおいしーフランス人

 フランス人「やっぱ、うさぎ、うまいっすね」
 子豚の釣り師「いや、なんといっても湯豆腐がうまい、ぶー」
 フランス人「パルドン、パルドン、ひょっとして、あなた出番を間違えちゃいませんか、ムッシュー?あれは『小鮒釣りし、かの川』であって、子豚の釣り師じゃありませんよ」
 子豚の釣り師「そんなことをいったら、あんただって思い違いをしている、ぶー。あれは『うさぎ追いし』じゃないか。うさぎおいしーじゃなくて」
 フランス人「でもね、フランス人ちゃんとうさぎ食べます。子豚の釣り師がどうして湯豆腐食べますか?ぜんぜん理屈にあいませーん」
・・・終始こんな調子の一冊です。他にも、フロイトのもとへ夢相談にやってきた女性は夢の中、入浴中にふと一本の糸を拾ったりしています(ちなみに、ニューヨークで風呂に入ってたんだってぇ)。
 えー、『ぜんぜん世の中のためにならないものって、ときどきは必要ですよね』って村上さんが言ってました。そうだよね。読む状況を間違えなければ、おすすめです。

Nov 1, 2008

下半身からいただいて

 先の通り一度洗ったニンジンは一度で使い切るのが望ましいのだけれど、「そんな、馬じゃねぇんだからニンジンばっか食ってられっか!」って怒り出しちゃう人もいるかもしれない。そんな時は、ニンジンの下半身、お尻の方から使いましょう。なぜなら、、、え~、、、そういうもんだから。「ゴボウやニンジンは上部から充実するので、下部からいたむもんだ。」って相馬暁さんが言ってました。さらに相馬さんは、「ニンジンを2本買って、1本だけ使ってもう1本は冷蔵庫にしまうんだったら、2本とも半分に切って先に2つの下半分を使う方が理にかなっている。」ともおっしゃっています。
 ちなみに、ニンジンのような普段土に支えられている野菜は、ネギやホウレンソウのような立ち野菜ほどは上下感覚に敏感ではなく、少しくらいなら寝かせて保存しておいても大丈夫だそうです。