Dec 22, 2008

加古川マラソン

 心配していた天気もちゃんと晴れてくれて、しっかり走ってきました。初マラソンとなった今回の加古川マラソン、記録は 3時間44分 でした。
 タイム的には良くもなく悪くもなくボチボチって感じでしょうか。目標:3時間40分 及第:3時間50分 最低限:4時間 という設定で臨んだので、まぁ、ボチボチです。
 前半は抑え気味でこなし、25km過ぎたところで初めて給水をとって、それを合図にペースを上げていったのですが、ラスト7kmはキツかった。残り10kmぐらいになると、1kmおきに「残り○km」という表示が出るのですが、もう、5kmきったあたりからは、その表示にすがる思いでした。

 【あと7km】
「俺はまだいける!足を動かせ!皆ペースが落ちてきているぞ。合わせることはない。足を動かせ!このままのペースを保て。ごぼう抜きだ。俺はまだいける!」
 【あと5km】
「ほんまに5kmやんな!おまえが5kmというから、5kmで全てを使い果たすように走るで。もし『ごめん間違ってた。あと6kmやった』とかいったら怒るで。」
 【あと3km】
「ぜっっったいに3kmやんな!信じるで!もう俺は何があってもあと3kmしか走れない!『あと10km走ったら1億円あげる』といわれても走れない!」

てなことを(本当に)思いながら、全てを使い果たすつもりでラスト走りました。で、幸いなことに表示は正しく、本当に全てを使い果たしてゴールしました。正直、ラスト1kmは視界すら怪しかった。なんか、こう、焦点が定まらない感じで、最初は「あれメガネがずれてんのかな?」と思ってなおそうとするんだけどなおらない。「もういいや!」って感じで走りました。
 今回のマラソンでよかった点を挙げるなら、このラスト7kmかなぁと思います。おそらくラスト7kmをボチボチ走ってもタイムは5分と変わらず3時間50分はクリアーしてタイム的には「及第」ということになったと思うけど、それじゃ意味がない。今回のマラソンは、余裕残してゴールしたあとに「あぁ楽しかった♪」じゃダメなんだ。しっかり走らないといけなかった。
 おかげで、駐車場までの道のり(15分)が辛かった。もう、身体ガタガタ。筋肉も関節もボロボロ。引きずりながら車にたどり着きました。

 初マラソンはまずまず素敵な体験でした。村上さんに触発され7月から走り始め、5ヶ月半でフルマラソンが経験できたのはよかったです。走り始めた時から「いつかは!」と思っていたので。ちなみに、僕はそれまで運動に親しんでいたわけでも、ましてや得意なわけでも全くありません。家にいれば音楽と映画と読書に明け暮れ、旅をすれば博物館や美術館をまわるという人間です。そんな人間でも、ちょっとずつでも続けていけばフルマラソンを走れるんだから、どうやらやっぱり"継続"は"チカラ"のようです。

No comments:

Post a Comment