Dec 30, 2009

ありがとうございました!

2年と半年の間、本当にお世話になりました。
いつかまた、ひょっとしたら、帰ってくるかもしれません。

ベジベジ管理人
西海 裕治

Nov 6, 2009

ベジベジ終了のお知らせ

 皆々さまこんにちは。近頃はキュッと冷える朝に迎えられる度に、布団の中で「よしよし今日もまたひとつブロッコリーが美味しくなったかしらん」と思っては二度寝を楽しんでいるゆーじです。さてさて、表題の通りですがベジベジを終了させていただくことになりました。
2年と半年というそう長くもない期間ですが、おかげさまで本当にたくさんのことを学ばせていただきました。開始当初に思い描いていたことも、半分くらいは取り組むことが出来たと思います。半分とは情け無いですが、ベジベジを運営する上で何よりも取り組みたかった、僕が農民になったときに受けたあの衝撃、

 新鮮な野菜は美味い

という真実の確認とその価値の測定ができたのですからそう悪くもないと思っています。

 具体的な終了時期としては年内いっぱいと考えています。冬の訪れとともに美味しいブロッコリーや白菜もやってくるので、出来る限りギリギリまでお届けしたいなと考えています。一方でポイントとしてお預かりしている皆さんのお金をお返しする手続も滞りなく進めなければなりません。誠に勝手ながら、返金対象は過去入金を頂いた方で現在30ポイント以上保有されておられる方に限らせていただきます。また、返金方法はお伺いしての手渡しか、銀行振込で対応させていただきます。日程、入金先等のとりきめはこちらから個別にメールを送らせていただきますので、ベジベジ登録済みのメールアドレスをチェックしておいて下さい。

 最後に私事ですが、今回終了させていただく理由をちょっとだけ書かせていただきます。まず先のとおり、確かな真実を確認できかつその価値の大きさを測ることが出来たことでひとつの達成があったこと。しかし他方で、その理念を実現するための経営やITといった実際的なシステムの構築は、僕一人の能力を遥かに越えてしまっていたこと。この二点が主な理由です。対応策としては、このまま起業し組織化していくという選択肢ももちろんありました。しかし、結論としてはいったん現場を離れ大学で農業経営の基礎を固めつつ、じっくりとビジネスモデルを練ってみようということにしました。
 10年後に実現していたいのは、今やっているベジベジそのものであって、昔を知る皆さんに「10年前と一緒やん」とか言ってもらえる状況を夢見ています。逆にそれぐらいこのベジベジこそが野菜のあるべき供給方法だと信じてやってきました。ただ今度は、もっとたくさんの人に届けたいな。新鮮な果物だって欲しいよね。あとは、そうね、えっと、、、もうないか。んじゃ、「たくさんの人に新鮮な野菜と果物を届けたい」それだけだ。ま、僕ごときがこの人生でできるのはそれぐらいでしょ。あんまり大きなことは僕にはムリムリ。

 では、紅白歌合戦までしっかり頑張りまーす。


ベジベジ管理人
西海 裕治

Oct 28, 2009

1Q84

 誰かに順番抜かしされた形跡もなく、予定通り図書館の順番が回ってきたので、三日ほどかけて読んでみました。はい、一生懸命読んでみました。読んではみたのですがぁ、、、正直言うと、
「よくわからなかった。」
もちろん書いてあるのは日本語ですし、よく馴染んだ村上さんの文章でとても読みやすく、登場人物達の存在感は抜群で、その個性たるも幾人かは魅力的すぎて僕を現実から引き込みすぎて怖くなるほどでした。間違いなく最上のエンターテイメント体験でした。しかし、それ以上には、情け無いことに、今の僕では理解できなかった。より明け透けに言うなら、
「感動できなかった。」
よって、今の僕は日曜日の朝刊にあるような書評らしきものすら書くに値しない。

 全体を貫くテーマが壮大すぎるのか、それとも何か僕は知らないけど世間にはよく知られた主要なものなのか、わからなかった。
 表現方法に関しては、基本的にとっても村上さんぽい構成だし文章だったと思う。けど、明らかにこれまでよりも性的表現は多く、かなり具体的なものもたくさんあった。それら個々の表現の意味は、各部分としてはよくわかる使われ方に思えた。もちろん演出として不快に感じることはなかったし「美しい」シーンもたくさんあった。しかし、全体としてはやはりテーマそのものも掴みきれないでいたので、それら多くの性的表現の占める意味も曖昧にならざるを得なかった。
 そんな状況を見越してか、作中に僕のような飲み込みの悪い大人のために載せておいてくれたかのような「解説」がありました。そうそう、まさにこういう感じ。
物語の森では、どれだけものごとの関連性が明らかになったところで、明快な解答が与えられることはまずない。そこが数学との違いだ。物語の役目は、おおまかな言い方をすれば、ひとつの問題をべつのかたちに置き換えることである。そしてその移動の質や方向性によって、解答のあり方が物語的に示唆される。天吾はその示唆を手に、現実の世界に戻ってくる。それは理解できない呪文が書かれた紙片のようなものだ。時として整合性を欠いており、すぐに実際的な役には立たない。しかしそれは可能性を含んでいる。いつか自分はその呪文を解くことができるかもしれない。そんな可能性が彼の心を、奥の方からじんわりと温めてくれる。
 10月は個人的にちょっと忙しく再読している暇もありませんでした。一年ぐらいしたらもう一度、僕なりに解読を進めたくちゃくちゃの紙切れを片手に森の中へと入ってみようと思ってます。
 ただひとつ、最後までパッとしない僕を温めてくれたのは、まさに物語も終盤、ハッピーエンド(少なくとも僕にはそう思えた)に向けて進んでいこうとする、とてもとても大きな力強い意思でした。

Oct 24, 2009

パッとしない

 梅田までTOEFLを受けに行った帰り、新快速の中で考えてました。

 あぁ~、30年も生きてきたというのに、俺の人生とは何ともパッとしないなぁ。ひょっとして俺にはパッとしない人生を送る才能があるのではないか。そうそう、こうやって、
パッとしない
我が人生に
思い巡らす
パッとしなさよ
なんだそりゃ。
 次は、ものの順序に従って、では「パッとする人生」とはどんな人生かについて考えてみた。考えてみて。考えてみた。パッとしない僕としては、パッとする人生とは、お正月前に部屋の蛍光灯を新しく替えてパッとしている一コマを切り取った写真のようなものしか思い付かなかった。「パッ」とするという言葉通り、それはある瞬間のことを指すのだろうから、そんなパッとする人生でよければこんな僕の人生だってパッとしたものさ。
 ふむ、こりゃ何だか変だ。パッとしない人生の打開策としてパッとする人生について考えてみても、そんなところに救いはなさそうだ。これはあれか、「下らない奴」を改めようと「下る」ことばかり考えていてもどこか変なところへたどり着いてしまうのと同じか。そうだとすると、今考えるべきは「パッとしないなんてことはない」人生か。

 パッとしないなんてことはない人生

これはなんだか、パッとしない今日の僕には十分な救いとなる考えのようだ。

Oct 1, 2009

車が遠慮して通ればいい

 鞆の浦埋め立て差し止め判決後の宮崎駿さんのコメントがよかった。
不便を忍んで生きるんですよ
不便だから愛着もわくというのが人間の心だから
便利はうるさいですよ
 とりあえず皆、幸せになりたい、と望んでいると仮定すると、あとはその時時の幸せ総量をいかに極大化するかですが、今日の日本では

 便利→→幸せ

と本気で思う人は間違いなく少数派でしょう。そういう時代は終わりつつある、ではなくて、終わって久しいと思う。しばらく経つというのに、未だ次の幸せイメージを社会全体で共有できないでいるから、今の時代は生きにくいと言われるのだと思う。自由・多様化というキーワードが象徴する今の時代に、共通の幸せなど描ききれないとも言えそうだ。確かに、現代版「巨人、大鵬、卵焼き」は描けそうにないし、「テレビ、洗濯機、冷蔵庫」に代わる今どき三種の神器を無理矢理提案しても、それは間違いなく豊かさの象徴ではなく皮肉の対象にしかならないだろう。しかしそれは、同じように具体的なイメージを描こうとするからであって、多様化した時代にも適う抽象的な幸せイメージを皆で共有することは可能だと思う。例えば、

 環境に優しく生きる
  ↓
 かっこいい
  ↓
 幸せ

こういうロジックは十分にあり得ると思う。ヒトであることに傲らず地球上の動植物と共生を図る生き方はかっこいいでしょ。あとは、あんまりたくさんの犠牲、不便を被らずに実現する術を考えていけばいいだけだ。渋滞の解決?それは、
車が遠慮して通ればいいことで、

Sep 30, 2009

焼き芋

 サツマイモの季節ですよ。今年も頑張って掘ったさ。何を隠そう、僕は芋掘りが「嫌いです」。年に一度しかしないので何時まで経ってもコツというものがわからず、傷つけないよう、傷つけないよう、丁寧に掘るのはほんと大変で相当気づかれしちゃいます。もちろん、ひ弱な手なのですぐにマメができて、つぶれて、あいてててて。
 しかし、美味い。つぶれたマメの痛みを忘れ去ることはできないけど美味い。毎年ポテトロ2というセラミックでできた鍋を使って、焼き芋を楽しんでます。このポテトロ2は時間はかかるけど、ほんとに焼き芋ぽく仕上がるのでお役立ちです。楽天で4000円くらいで売ってるので、良かったら試してみて。
 今年は、水田種苗園のおばちゃんが「これにしなね」と言うので、んじゃ「それにするわな」と、クイックスイートなる品種を作ってみました。なんでも電子レンジみたいな急速加熱でも甘み成分が壊れにくいというものらしい。で、実際やってみると、確かに今までのサツマイモよか甘かった気がした。悪くない。でも、のんびり待てるならポテトロ2だな、僕は。

Sep 27, 2009

ちょっと遅れます

 今月末に予定していたトマトが少し遅れそうです。最近ようやくひとつふたつ赤くなり出したので、もうあと10日といったところでしょうか。

Aug 22, 2009

復旧中

 異常な雨の被害は相当なものでしたが、まぁ過んだことなので今は日々の晴天を享受しながら復旧作業に勤しんでいます。人気の三品の予定は、
 スイートコーン:9月上旬
 エダマメ:9月上旬
 トマト:9月下旬
な感じです。他のオクラ、キュウリ、ナス、ピーマンなどはいつも通りぼちぼちの品質です。パプリカは圧倒的に数が減ってしまいましたが、ある分はまずまずです。また、9月下旬にはサニーレタスが、10月上旬にはミニ大根なども穫れそうです。その後、順次キャベツやブロッコリーといった冬野菜が登場してくるかなぁという感じです。

 なんじゃこりゃ!?って品揃えで、本当に申し訳ありません。もう一度「あぁ、やっぱり美味しいわ」と思っていただけるよう励んでみます!
 至らないことがある度、温かく見守っていただき本当にありがとうございます!!

Aug 11, 2009

 このひと月で降りすぎでしょ。もちろんベジベジ野菜も無害なはずはなく、いやぁまいったまいった。でも、ま、こういうのが農業なわけだし、上手に付き合っていこうと思ってます(* ̄ー ̄)/
 とっても残念なのですが、スイートコーンは9月上旬まで品切れとなりそうです。

Jun 18, 2009

翻訳の賞味期限

 グレート・ギャツビーの巻末には、村上さんによるこれまた本編に匹敵するほどに熱いあとがきが収められています。その中で村上さんは、翻訳には賞味期限があると述べています。
翻訳というのは、詰まるところ言語技術の問題であり、技術は細部から古びていくものだからだ。不朽の名作というものはあっても、不朽の名訳というようなものは原理的に存在しない。
との考えからだそうです。こういう考え方が村上さん独自のものなのか、それとも一般的に言われるものなのか僕にはわからないのですが、言われるとなるほどそういうものなんだろうなぁと思いました。今回僕はこのグレート・ギャツビーをかなり村上春樹オリジナルのような感覚で読んだので、これはこれで村上春樹の「不朽の名訳」ではなく「不朽の名作」と感じていますが、一般的には翻訳作品に賞味期限は付きものなんだろうね。
 少し前かな、ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」の新訳が話題になってたけど、あれも単なる商業主義のみによるものではなく、原作は色あせる事なき名作なのにいつまでも賞味期限の切れた翻訳を放置してはおけないという文学衛生上の意図もあるのだろう。あ、ちなみに村上さんは、もし「これまでの人生で巡り会ったもっとも重要な本を三冊あげろ」と言われたら、考えるまでもなく
・グレート・ギャツビー (スコット・フィッツジェラルド)
・カラマーゾフの兄弟 (ドストエフスキー)
・ロング・グッバイ (レイモンド・チャンドラー)
の三冊だそうですよ。

Jun 14, 2009

孤独

多くの場合、孤独は人の心を蝕んでいく。僕は作家だから、孤独というものの持つ力強く輝かしい価値と、裏にある危険な毒性をよく承知している。そこに約束されている価値を手に入れるためには、僕らはその毒とともに生きていく術を覚えなくてはならない。緊張と集中力が必要とされる。少しでも気を抜くと、その毒はすぐに僕らに噛みつく。狡猾な蛇のように。
村上春樹 「シドニー!」

 僕のそう多く語ることのない二十代前半は、一言で表すなら(きっと一言で表せると思うけど)「孤独」です。とにかく孤独についてよくよく考えた。藻掻き、苦しみ、苛まれる度に、さらには一時のハッピーな気持ちのときでもわざわざ進んで考えました。そんな僕も、さすがにいつまでも孤独だけに付きっきりで人生を送れるほど優雅には生まれてこなかったので、何時ということはないけれど何時の間にか、僕なりの結論のような処世術を得て再び歩き始めたのでした。
 そんな僕ももうすぐ三十歳です。さすがに、震える魂をいたわる術もわからず日々「頑張れ!オトコだろ!」のかけ声で自らむち打つような文字通りの自虐行為はしたくはないけれど、どこか最近はあの脆くも研ぎ澄まされたガラスのような自分が恋しくもあります。ま、結局のところ、僕も行きつ戻りつ適当な"中庸"を探りながら適当に生きていくんだと思います。そうそう、それが大人になるということだったっけ。
 僕は作家じゃないので、悲しいかな孤独に限らず大方の概念は"得も言われぬ"ものばかりだけど、村上さんの言葉を借りるなら僕も僕なりに、孤独というものの持つ力強く輝かしい価値と、裏にある危険な毒性を少しは承知しています。そしてそれは、当時は想像だにしなかったほどに今の僕の人生に役立ってます。とっても。とっても。この村上さんの言葉は、僕の得も言われぬ孤独のとらえ方をわりと上手に代弁してくれているような気がしたので、引いておきました。

Jun 9, 2009

グレート・ギャツビー

 なんとか時間をやり繰りして、久しぶりに図書館へ行ってきました。今回借りたのは次の四冊。

・グレート・ギャツビー
・シドニー!
・野菜のソムリエ「ベジフルキッチン」 栄養と保存と調理の知恵
・野菜塾 もっとおいしく、もっと元気に。野菜ソムリエのプチレッスン

 今回はなんといっても、スコット・フィッツジェラルド著 村上 春樹訳の「グレート・ギャツビー」です!村上さんが三年前「ついに」翻訳したのに対し(有名な話なのでこの辺の記事を参照してください)、僕もそんなグレート・ギャツビーに「ついに」村上さんのことばで対面することになりました。本当は原書を英語で読みたいところなのですが、さすがに今はそんな贅沢をしている場合じゃないので、今回は「まず」村上さんに語ってもらいました。
 久しぶりにズシリときたぁ。もう、登場人物達の織り成す様々な想いを、精緻・繊細だけどくどくなく極めてスムーズに、あぁ文字通り得も言われぬ描写力で一つの物語がつむがれてました。そのあまりの存在感から、このやりとりは今僕の眼前で行われている、僕はこの世界でリアルに傍観しているんだとの思いから、読んでる最中気づけばたらぁ~と汗をかき、息が切れ切れでした。
 読み終えて、、、ただただ、疲れました。はぁ、、、疲れた、けど、こういうのこそ小説だよなぁ。超おすすめ。

 今回「ついに」グレート・ギャツビーを手にしようと思ったのは、村上さんの話題の新作 1Q84 に備えて(?)、よし今こそ読んでおこう!と決意したものでした。きっとこれがフィッツジェラルドの原作だと知らなかったら、村上春樹著だと思っただろうなぁ。それぐらい自然に村上ワールドでした。長編でなく短めで、読みやすいし、ぜひ読んでみて。
 もちろん、1Q84はちゃっかり予約しました(稲美町立図書館は素晴らしく、ネットでぽちっと予約ができるのです)。僕が予約する時点で、11人予約済でした。買おうか借りようか半日ほど迷ったのですが、一人1週間で返すとして12週後だから9月かぁ、、、と思うと、まぁ仕事して勉強してりゃすぐだなと、節約することにしました。ああでも早く順番回ってこないかな。

Jun 2, 2009

夏野菜穫れ頃

 セッセといろいろ育ててますので、ここで収穫予定を載せておきます。

エダマメ:6月下旬
オクラ:6月中旬
カボチャ:7月上旬
キュウリ:(既にコソッと穫り始めました)
スイートコーン:6月下旬
スイカ:7月下旬
トマト:6月下旬
ナス:6月中旬
ピーマン:6月中旬
パプリカ:7月下旬
マクワ:7月下旬

 カボチャはミニ、トマトは中玉、パプリカは赤・黄・橙の三色、エダマメは最初は白、その後黒エダマメを予定しています。
 今年は去年さっぱりだったトマトをきっちり仕上げて、スイートコーンを虫からスイカをカラスから死守したいなぁと目論んでます。さて、明日も頑張るぞ、と。

May 20, 2009

みな元気かしら

 ただいま午後4時27分。静かです。今日のような暖かく爽やかな春も最盛の時に、この部屋でこれほど静かな時間を過ごしたのは初めてです。
 通学路と住宅街の公園に面するという立地上、僕の部屋は晴れた日は日が沈むまで(ときには沈んでも)子たちの声が絶えることはありません。それはもう、激烈なうるささです。姿を見ない分、まるであの有り余るエネルギーが全て声に集約されているかのような錯覚すら起きます。されど僕の方ももちろん慣れたもので、「よしよし、今日も世界は平和だ」とハトの代わりに象徴としてはたらいてもらっている限りです。
 静かなる不穏です。読書にしろデスクワークにしろ静かな方が好ましいのは言うまでもないはずなのに、やはりこういう静けさは心地よくない。全然平和じゃない。
 伝染病の蔓延、いや、蔓延の危険性、ひいては戦争に象徴されるような具体的な社会不安というのはこういうことなんだと初めて実感しました。皆が高熱でうなされているわけでもなく、うちの中でDSに耽ってる子もたくさんいるのかもしれない。しかし、明らかにそこにあった平和は壊れたと感じる。普段いかに平和で、それがいかに有り難いもので、いかに脆いものであるかを、正直、僕の平和すぎる人生で初めて実感させてもらった。なるほど、こりゃ尊いものだ。

 僕としては一日も早くまたあの迷惑なけたたましさの中で村上春樹を読みたいなと心から願ってます。

May 19, 2009

ニラがましになりました

 ニラの品質がちょっと改善しました。これまで黄色い枯れかけた葉が多く、ご注文くださった方をさぞガッカリさせてしまったとこととビクビクしていたのですが、これがちょっとましになりました。相変わらず短いですが、ほぼ綺麗な緑色をしています。やわらかくて食べやすく、香りはサイコーなのでよかったらどうぞ。

May 14, 2009

レタスがよいです

 ただいま、珍しくもレタス(玉レタス)が高品質です。これは結構珍しくて、僕はレタス作りが下手で、たいがい△品質のことが多いのですが、不思議とただいまいい感じです。どうせ長続きしないでしょうから、今の内にどうぞ!

May 2, 2009

愚直なおとこ

さっき、ちょっと酔っぱらったおやじが突然、
『なぁ、愚直ってどういう意味?』
と尋ねてきた。テーブルの上に広がっていた、朝日新聞別冊の表紙で躍っているのを見たんだろう。
「バカ正直」
『なんとなくは解ってて。おれなんかこの言葉好きなんよ。』
「だろうな」

言葉そのものは、英語でいう"stupidly honest"や"too honest"って感じで、決して褒め言葉ではないんだろうけど、「謙譲の美徳」は日本人にとって大きな価値観なので、どちらかというと褒める文脈で使われるんだろうと思った。なので、
「謙遜しながらも褒めてるから、自分に使うときはしっかり謙った文脈で、『俺は愚直な男だ!』などとバシッと使わず、『いやぁ、酒好きな上に短気で頭も悪く、これといって取り柄もないんですけど、愚直に生きようと思ってます。』みたく使えばええんちゃう!( ̄∇ ̄)」
と進言しといた。いやぁ、日本語・日本社会は難しいねぇ。

そんな訳で、「うちの親父は愚直な男です」とは言えませんが、うちのおやじは愚直なところもあるおとこです。
ちなみに、ベジベジで提供しているキャベツは全て僕が作ったものではなく「愚直なところもある」おやじが作ったものです。

Apr 22, 2009

スジをいかにとろうか

 スナップエンドウを食べるには、調理前にどうしてもあの"スジ"を取らにゃならない。面倒くさいが取らないと極端に食感が悪くなるので、こればっかりはしょうがない(多分)。
 で、このスジはどう取るのがいいんだろうか。うちのオカンは、あたま(花がついてた方)から端を少しプチッと折りつ、ぴーと内側(弧の様にしなった内側)のスジを全部取り、その後おしりの方から同様に外側のスジを"出来るだけ"とるといってた。この"出来るだけ"というのは、外側のスジは途中でよく切れるので、切れたらそこまでしか取らないということ。
 さっそくやってみたけど、まぁ、こんなもんなのかな。でも、ちょっとあたまを内側に向けてプチッと折るのがやりにくい気がする。なので、今度は反対に、おしりから先に内側のスジを取り、あたまから外側のスジを取ってみた。するとこっちの方が、あたまは外側に折る方が折りやすく、かつあたまから外側のスジを取った方が、スジが途中で切れにくい気がした。なので俺は、
 おしり→内スジ
 あたま→外スジ
のルートをおすすめします。もっとなんか画期的な取り方があったら、どうぞ教えてやってください。

Apr 14, 2009

苗のごとく成長を

 3月上旬から毎日のように種まきをしています。じっくり育苗するものとして、トマト、ナス、ピーマン、パプリカ、カボチャ、スイカ、マクワ、キュウリ、オクラなどなど。10日から2週間で畑に出ていくものは、スイートコーン、エダマメ。これら夏野菜とは別に、ダイコン、ニンジン、インゲン、シュンギクなんかは畑に直接まきました。
 以前に書いたとおり、作付け計画を作ってタネを選定している時はとにかくありえない成果を好き勝手想像して楽しみますが、いざ実際の育苗になると今度は具体的に日々成長していく苗の姿を見ているのが楽しくてしょうがありません。姿の愛らしさに加え色彩の美しさも格別のものがあります。個人的には、ウリ科だとカボチャ、ナス科だとピーマンが特にきれいだなと思います。
 今年は4月前半に晴天が続いたおかげか、幸いなことに皆順調に育っています。一昨年より昨年、昨年より今年とちょっとずつ苗を育てるのが上手くなっていくのも嬉しいです。上達を実感できるのは、継続していく何よりの支えですね。

Apr 8, 2009

春の味

 ようやくアスパラガスが穫れるようになりました。ちょっと他の野菜にはない、独特のふわぁ~と広がる春の味をお楽しみ下さい。
 たびたび指摘していますとおり、アスパラは野菜の中でも特に収穫後の呼吸量が多い野菜です。つまり、収穫後どんどん味が低下していくということです。ですからベジベジのアスパラもなるべく早く、なんなら配達前にお湯でも沸かして待っているくらいの勢いで食べてください。そうすると、あのなんともいえない春の味が堪能できます。もちろん、冷蔵庫で保存するときは「立てて」ください。
 夏のキュウリやオクラと同じで、アスパラもよく伸びます。でも、作付け量は少ないので、1日に穫れる量は多くありません。なので、収穫は「毎日ちょっとずつ」になります。今日在庫が 0 でもまた明日にはちゃんといくらかあると思いますので、ご所望の方はちょくちょくチェックしてみてください。

Mar 23, 2009

模様替え

 春なので、ベジベジもサクラ色にしてみました。しかしまぁ、センスよく色を合わせるのはとっても難しく、、、文字の色がなかなか決められませんでした。どう?

Mar 20, 2009

品不足

 言わずもがな、とっても品不足で恐縮です。準備していた春野菜はことごとく変な鳥に食い荒らされてしまい、、、申し訳ありません。その結果、△印の低品質なものが多くなっていますが、その分安くはなっていますので良かったらご利用ください。
 ニラはもうすぐ、アスパラガスは今月末、スナックエンドウやソラマメは4月後半から穫れる予定です。

Mar 11, 2009

ニーバーの祈り

 こんにちは。春・夏野菜の作付けに加え、確定申告やベジベジサーバ引越の後処理などのデスクワークに忙殺されいるゆーじです。今日はひとつ大切なことばを紹介させてもらいます。かのオバマが「最も好きな哲学者の一人」と挙げるラインホルド・ニーバーのことばです。通称、「ニーバーの祈り」とされているものです。
THE SERENITY PRAYER

O God, give us
serenity to accept what cannot be changed,
courage to change what should be changed,
and wisdom to distinguish the one from the other.

Reinhold Niebuhr

(日本語訳)
ニーバーの祈り

神よ、

変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては、
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、
変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えたまえ。

ラインホールド・ニーバー(大木英夫 訳)

何か日々の足しにしてください。

Mar 2, 2009

営業再開

 無事再開できました。予想外に白ネギ、大根などの冬野菜がまだまだいい状態でいてくれました。すぐなくなると思いますが、それまでお楽しみください。
 この先の予定は、レタス・ニラ・アスパラバス・スナックエンドウ・ソラマメ・ハクサイなどが順次ひかえています。

Feb 28, 2009

篠山マラソン

 走ってきました。天気は曇り時々晴れ(よく言えば、晴れ時々曇り)。そして、準備不足は顕著でした。ニュージーランドでも一応毎日走ってはいたのですが、走り込みの距離が全然足りず、身体が全くできていなかったのでツライツライ。もう、20km過ぎたぐらいから早くも疲れを感じ出しました。篠山マラソンは不親切で、その日のうちに完走証や記録証みたいなものをくれないので公式なタイムはわかりませんが、自分の時計では4時間弱でした。ま、今回はこんなもんでしょ。
 とにかく人が多い!参加者10000人だって。かなり後ろに並んだので、スタートの合図から実際に走り始めるまで5分くらいかかりました。あと、15kmぐらいまでは人混みをかき分け前に行くのが大変でした。篠山マラソン大人気です。
 ですが、僕の印象はイマイチでした。まず、運営スタッフの水準が前回の加古川マラソンと比べると全然ダメでした。車で着いたのっけから、警備員の駐車場への誘導がお粗末でビックリしました。その他にもいろいろ「運営」面の水準は低かったです。あと、コース。初めての篠山だったので、どんな町かなぁと期待していったのですが、コースはひたすら山あいを走るだけでした。もちろん山はきれいでしたけど、もう少し変化に富んだ、篠山の町も取り入れたコース設計が個人的にはよかったなぁと感じました。あ、でも、沿道の人は多くみんな温かかったです。それだけに惜しい。いい人たちを、運営側が生かしきれていないのが惜しい。

 帰り際にコンビニに寄ったのですが、僕が冷たい飲み物ばかりを買おうとするのを見て、レジのおばちゃんが「もしかして、今日走られたのですか?」と尋ねてきました。『そだよ』と答えると、ずばり「なんでそんな大変な思いして走られるんですか?」と実に本質的な質問を投げかけてきました。『ふむ、、、』と少し考えた後、『人それぞれ全く違うと思いますが、僕の場合は普段走っていることをマラソン大会というひとつの象徴を通して確認するためと、そのまさに大変な思いをするためじゃないかなと思います。人生たまには大変な思いをしとかないと、ね。』と答えた瞬間ビックリ恥ずかしくなって『じゃ!』とその場を立ち去りました。突然、コンビニのおばちゃんにこんなこと言い出すなんて変な人みたいですよね。実際おばちゃんは、ぽか~んと僕を見ながら「はぁ」と答えるだけだったので、あぁ恥ずかしい。ちょっと極限まで疲れていて頭が変だった。一応、僕のすこぉしの名誉のために書いておくと、僕は普段はこんなに変な人じゃないですよ。多分。

 ま、とにかくこれでしばらくはマラソン大会ともお別れです。次は、また秋に涼しくなってからかな。

Feb 27, 2009

ただいま!

 昨夜遅くに無事帰ってきました。旅の疲れはなく、時差も4時間しかないのでとっても元気です。とりあえず、明日篠山マラソンなのでそれを一生懸命でも楽しんで走って、それから仕事に復帰しようと思います。もうしばらくお待ちを。
 休暇中もチラチラ読んで頂いていたようでとっても光栄です!ありがとうございます。ニュージーランドのネタもまたちょこちょこ書こうと思います。

Feb 22, 2009

山歩き

 Kepler Trackというところを三日間歩いてきました。人生初めての食料と寝袋を持参するというちゃんとした(?)山歩きです。もちろん寝袋の使い方もしらないので、「寝袋ってどうやって使うの?」など聞くたびに「Oh! Just jump into!(だた、飛び込みゃええやん)」などとバカにされました。
 ほとんど雨か曇りだったのでそれなりに過酷でしたが、いい体験ができました。また写真でも載せときます。

Feb 17, 2009

運転手の挨拶

 日本だとバス同士がすれ違う時に、運転手がお互い「やぁ」と手をあげて挨拶しますよね。これ、ニュージーランドのバスの運転手もやるのですが、僕が高速バスの一番前の席に座ってつぶさに観察した限りでは、相手はバスに限らず“自分のバスと同等以上の大きさでかつ長距離運転中のもの”を対象としているようです。つまり、高速バスの運転手からすると、路線バスには手をあげないけど大型トラックにはあげる。でも小さめの作業用トラックにはあげない、といった感じです。さしずめ、「わかってるぜ同僚、長距離運転てのはぁ大変だぜ。ま、明日にはまた女房の飯にありつける訳だし、お互い頑張ろうぜ。ぴーす。」といったところでしょうか。
 どこの国でもお仕事は大変です、はい。

Feb 15, 2009

墓参り

 バスに乗っている時に気づいたのですが、どこの墓地もそれぞれの墓にきれいに花がそえられているんですよ。そう、まるで盆や彼岸のように。これはちょっと不思議な光景でした。まさかニュージーランドに年次行事として特定の時期に墓参りをする文化があるとは思えないし。なんだろね?

Feb 13, 2009

ロトルアより

 ニュージーランドはオークランドを離れて、今はロトルアという温泉街にいます。日本のそれと同じで街全体が硫黄くさいです。
 適当に撮った写真で説明も何もないですが、暇なときにでも見てやってください。写真は随時アップしていきます。ではでは、また。

 Picasa Web Albums (携帯からでも多分見れる、ハズ)

Feb 5, 2009

引っ越しました

 休暇に入りしばらくベジベジの利用が減少するので、これを機に引っ越すことにしました。とはいっても、僕のことではなくベジベジの引越です。ベジベジというWebサイト(ホームページ)を構成する画像や文章を置いてある部屋を引っ越したということです。
 パソコンにしろ携帯にしろこれだけWebサイトというものが日常・一般化した現在、ごく基本的なことぐらいは知ってて損はないと思うので、Webサイトの仕組みというものを簡単に説明してみます。

 皆さんが普段目にするベジベジやYahoo!といったWebサイトは、「目にする」という以上、目にすべき一つ一つの文字や画像というものがちゃんとどこかの部屋に置いてあります。「どこかの部屋」は世界中のどこかということになりますが、ちゃんと住所があって見に行けるところです。そしてその住所というのは 124.83.167.212 といった "." で区切られるいくつかの数字で特定されます。(ちなみにこの住所 124.83.167.212 は2009年2月6日現在Yahoo!の住所の一つです。ためしに開いてみて下さい。)では、普段目にする www.yahoo.co.jp というのは何かというと、これは表札であり携帯電話でいうところの電話帳の見出しですね。普段携帯で電話をかけるとき、電話帳に登録してある人ならいちいちその人の電話番号10桁の数字を押してかけるということはせず、電話帳からその人の名前をさがして発信ボタンをポチッと押すだけですよね。その際、その人の10桁の電話番号が何だったかなど気にしませんよね。Webサイトもそれと同じです。「Yahoo!の住所は覚えてないけど www.yahoo.co.jp を見せて」とパソコンや携帯にこの www.yahoo.co.jp を入力すると、ちゃんとYahoo!のWebサイトが表示されます。こんな風にWebサイトの住所と表札は出来ています。
 Webサイトの画像や文章(今まさに読んでいるこの文章もそうです)はこの住所にある「部屋」に置いてあるのです。この部屋というのは実際我々が住む部屋と同じで、3LDKといった「広さ」やシステムキッチン・バス完備といった「設備」、また駅まで10分といった「立地」というのが重要な要素となります。やっぱ広くて設備が整っていて駅近物件がいいよね。今まで僕が借りていた部屋は、そうだなぁ、「4畳半一間、ブラウン管大型テレビ付き、駅まで15分」てな感じの部屋だったんですが、今回同じ家賃(月500円)で「6畳二間、液晶大型テレビ付き、駅まで12分」という物件を見つけたのです!もちろん、引越となると最初に礼金などを払う必要はあるのですが、それにしてもこれは魅力だと引っ越すことにしました。で、実際もう引越は完了して、皆さんが見ているこの文章はもう新しい部屋に置いてあるやつです。
 さて、こうして部屋を引っ越したので当然住所も変わったわけですが、大丈夫です。vegevege.net という表札は変わっていませんので、今まで通りお越し頂けます。友達から「電話番号変わったよ~」というメールを受け取ったので、自分の携帯の電話帳に登録してあるその人の電話番号を書き換えたようなものです。書き換えたって今まで通り電話帳からその友達の名前をさがして電話をかけるだけですもんね。ただ携帯の場合だと電話帳は携帯電話の数だけあるので、知り合いが多ければ多いほど大勢に「電話帳書き換えといて~」と知らせなきゃいけないので面倒です。この点Webサイトの引越は便利で、Webサイトの場合は携帯の電話帳と違って世界中の人皆が同じ一冊の電話帳を見ているので、この巨大な電話帳の中から vegevege.net の欄を書き換えればいいだけなのです。

 ま、だいたいこんな感じです。ちゃんと忘れ物なく引っ越せたと思うのですが、もしかしたら運ぶ際にどっかに落っことしてきたものあるかもしれないので、何か変なところを見つけた際は教えてやって下さい(_ _)

Feb 1, 2009

休暇願

 きのう休暇願を提出しました。一悶着はありましたが、めでたく受理されましたので休暇をとらせて頂きます。期間は、
 2月8日~3月3日
です。よって最終配達日は7日(6日受注分)になります。なお、休暇明けは大幅に品目の減少が予想されます。白菜、白ネギ、大根、ブロッコリーといった美味しい冬野菜はできれば食べ納めておいて下さいね。

Jan 31, 2009

塩か、酢か、それが問題だ

 ブロッコリーをゆでる際は短時間でサッとゆでるのがポイントです。その方が栄養素が水に溶け出さずお得です。僕の経験では、ぽんぽん沸いた湯にバサッと入れて3分~3分半といったところです。
 ところで、このゆでる際に塩を加えるか酢を加えるかで全く違ったゆで上がりになります。塩を加えてゆでると、やわらかくソフトな舌ざわりにゆで上がります。これは、ブロッコリーの細胞を覆う細胞膜を塩が融解するからだそうです。もちろん、ほんのり塩味もついて食べやすくなります。一方で、酢を加えると、なんとなく想像できるかと思いますが、コリコリッとゆで上がります。酢というのはなんでも締めるんですね。
 実際試してみたのですが、同じゆで時間でも明らかに違いが出ます。好みや用途で使い分けてみて下さい。ちなみに、僕のように「コリコリ食感が好きだけど、少し塩味がある方が食べやすくて美味しいなぁ」というのは、、、どうしたらいいんでしょうね。

Jan 29, 2009

ビタミンK

 個人的には冬野菜と言えばホウレンソウかブロッコリーだと思っています。なぜなら、どちらも数ある野菜の中でも特に栄養価が高いにもかかわらず、うまい!!"良薬口に苦し"の金言を覆す存在です。えらいぞ、ホウレンソウ。すてきよ、ブロッコリー。そんなえらくてすてきな野菜に含まれる栄養素のうち、今日はビタミンKというものを取り上げてみようと思います。
 まず、骨を丈夫にする大切な栄養素と言えばもちろんカルシウムですが、このカルシウムという栄養素はそれ単独ではいくら摂取しても身につかず、吸収するには各種ビタミンが必要になります。有名どころでは、カルシウムの吸収・沈着を助けるビタミンDがありますが、ビタミンKもまたこの吸収されたカルシウムの骨への沈着を促す大切な役割を担っています。そのためビタミンKが不足すると、細いスカスカの骨になってしまうので、ちょっとしたことでも骨折ということにもなりかねません。またビタミンKにはもう一つ、出血時に血液を固めて止血する作用を助けるという大切な役割があります。
 女性の骨粗しょう症というのはよくきく問題ですので、是非皆さんもカルシウムとビタミンK両方を豊富に含むホウレンソウとブロッコリーを食べて丈夫な女性でいて下さい。

Jan 18, 2009

携帯からコメント投稿

 最近2,3コメントを頂いたのに味を占めて、しめしめ携帯からも投稿できるようにすればコメントざっくざっくだ、うっしっしぃ、とばかりに作ってみました。
 例のごとく手元にあるdocomo端末ではうまくいってますが、他はテストしてません。おそらく大丈夫だと思いますが、もしお持ちの携帯電話からうまく投稿できなかったときは、「お~い、せっかく何か書いてあげようかしらんと思ったのに書けないよ~」と教えてやって下さいm(_ _)m
 では、気軽に何でも書いてやって下さい。

Jan 6, 2009

野菜ソムリエ

(今日は珍しくぶつぶつ文句をいいます。なので、僕の文句なんか聞きたくないという方は今日はとばしてやって下さい。)

 近頃なにかと耳にする「野菜ソムリエ」。前々から僕もプロの野菜提供者としてしっかりとした野菜とともにしっかりとした知識も一緒に提供できればなぁと考えていたので、そんな資格があるなら勉強のモチベーションにもなるかしらと思い調べてみました。しかし、、、

 胡散臭い

なんとこの野菜ソムリエ(正式にはベジタブル&フルーツマイスター)という資格、資格認定試験のみを受験することはかなわず、養成講座なるものとセットで申し込まなければならないようです。しかも、高い(講座のみでも100,000円以上)。。。儲ける気満々やん( ̄ロ ̄;)
 まず、透明性を担保するためにも認定機関というのはすべからく何かを認定するか否かの判定だけをすべきだと思う。加えて、社会的な価値を付加すべく何かを認定するためには当然ながら認定者に社会的な権威が必要となろう。この点、国家や大企業のように既に権威が存在する機関ならいざしらず、日本ベジタブル&フルーツマイスター協会のごとく「世界で唯一の」野菜ソムリエの認定機関などの場合、当該認定機関が社会に対しクリーンで誠実な態度を示しつづけ、かつ認定された個々人の地道な活躍をもって次第に権威が生まれ、権威づけられた認定(資格)がようやく社会で価値を持つようになるのではないのだろうか。カネなんてそういう意味では最も気にかけなければならない対象だと思う。
 こういった点から、僕はこの儲ける気満々の「認定機関」そのものが胡散臭いと感じたのであって、そこで提供されるサービス(講座や試験)の善し悪しはもちろん不明です。もしこの先野菜ソムリエさんに出会うことがあり、その方がさすがの知識を有しておられたら単純に尊敬するだろうし、その知識が提供された講座や試験に大きくよるものであるなら、そのサービスもよいものだったんだろうなぁと思うと思う。ただそれはあくまで個々の野菜ソムリエさんの実質的な価値であり提供されたサービスの実質的な良さであって、名刺におどる「日本ベジタブル&フルーツマイスター協会認定 ベジタブル&フルーツマイスター」という表記の価値でないのは明らかです。資格のような何かを認定された証しというのは、それを有するものの実質を問わずともそれそのものが形式的に一定の価値を証明できるところに意味があるのだから。

 つまりです、結論としては、この仕組みは受験者の知識・技能を判定し一定の水準以上の者を有資格者として社会に公示するというものではなく、単なるよくあるフランチャイズビジネスでしょ、と。ロイヤルティー(受講・試験料、資格更新料)を払ったものに、ノウハウ(養成講座、認定試験)とブランド看板(野菜ソムリエの資格)を与える。本部であるフランチャイザー(資格認定機関)は集めたロイヤルティーを用いて、フランチャイジー(野菜ソムリエ)のビジネス環境を整えるべくブランドの強化を図らんとする(野菜ソムリエを浸透化)。
 日本ベジタブル&フルーツマイスター協会も、世界で唯一の野菜ソムリエの「認定機関」などと謳わず、普通に一企業として「消費者の野菜・果物への安心・安全意識の高まりをビジネスチャンスととらえ、野菜・果物に関する質の高い助言、提言を行う野菜ソムリエビジネスを世界に先駆けフランチャイズ形態で提供させて頂きます。」とでも言えばよかったのに。そうすれば、何ら胡散臭さなどなく、むしろ「なるほど~、そういうビジネスもありだよなぁ」と感心すらしたと思う。

 「野菜ソムリエ」という素敵な響きの資格にフラフラ~と寄っていったものの、びっくり胡散臭さに「なんでそんなことするかな~o(iДi)o」とショックだったので、一生懸命書いてしまいました。僕は僕で資格など気にせずちゃんと勉強してしっかりとした知識も一緒に提供できるよう頑張りたいと思います。もちろん日本ベジタブル&フルーツマイスター協会さんに悪意はありません。おわろ。