Jan 29, 2009

ビタミンK

 個人的には冬野菜と言えばホウレンソウかブロッコリーだと思っています。なぜなら、どちらも数ある野菜の中でも特に栄養価が高いにもかかわらず、うまい!!"良薬口に苦し"の金言を覆す存在です。えらいぞ、ホウレンソウ。すてきよ、ブロッコリー。そんなえらくてすてきな野菜に含まれる栄養素のうち、今日はビタミンKというものを取り上げてみようと思います。
 まず、骨を丈夫にする大切な栄養素と言えばもちろんカルシウムですが、このカルシウムという栄養素はそれ単独ではいくら摂取しても身につかず、吸収するには各種ビタミンが必要になります。有名どころでは、カルシウムの吸収・沈着を助けるビタミンDがありますが、ビタミンKもまたこの吸収されたカルシウムの骨への沈着を促す大切な役割を担っています。そのためビタミンKが不足すると、細いスカスカの骨になってしまうので、ちょっとしたことでも骨折ということにもなりかねません。またビタミンKにはもう一つ、出血時に血液を固めて止血する作用を助けるという大切な役割があります。
 女性の骨粗しょう症というのはよくきく問題ですので、是非皆さんもカルシウムとビタミンK両方を豊富に含むホウレンソウとブロッコリーを食べて丈夫な女性でいて下さい。

No comments:

Post a Comment