Feb 28, 2009

篠山マラソン

 走ってきました。天気は曇り時々晴れ(よく言えば、晴れ時々曇り)。そして、準備不足は顕著でした。ニュージーランドでも一応毎日走ってはいたのですが、走り込みの距離が全然足りず、身体が全くできていなかったのでツライツライ。もう、20km過ぎたぐらいから早くも疲れを感じ出しました。篠山マラソンは不親切で、その日のうちに完走証や記録証みたいなものをくれないので公式なタイムはわかりませんが、自分の時計では4時間弱でした。ま、今回はこんなもんでしょ。
 とにかく人が多い!参加者10000人だって。かなり後ろに並んだので、スタートの合図から実際に走り始めるまで5分くらいかかりました。あと、15kmぐらいまでは人混みをかき分け前に行くのが大変でした。篠山マラソン大人気です。
 ですが、僕の印象はイマイチでした。まず、運営スタッフの水準が前回の加古川マラソンと比べると全然ダメでした。車で着いたのっけから、警備員の駐車場への誘導がお粗末でビックリしました。その他にもいろいろ「運営」面の水準は低かったです。あと、コース。初めての篠山だったので、どんな町かなぁと期待していったのですが、コースはひたすら山あいを走るだけでした。もちろん山はきれいでしたけど、もう少し変化に富んだ、篠山の町も取り入れたコース設計が個人的にはよかったなぁと感じました。あ、でも、沿道の人は多くみんな温かかったです。それだけに惜しい。いい人たちを、運営側が生かしきれていないのが惜しい。

 帰り際にコンビニに寄ったのですが、僕が冷たい飲み物ばかりを買おうとするのを見て、レジのおばちゃんが「もしかして、今日走られたのですか?」と尋ねてきました。『そだよ』と答えると、ずばり「なんでそんな大変な思いして走られるんですか?」と実に本質的な質問を投げかけてきました。『ふむ、、、』と少し考えた後、『人それぞれ全く違うと思いますが、僕の場合は普段走っていることをマラソン大会というひとつの象徴を通して確認するためと、そのまさに大変な思いをするためじゃないかなと思います。人生たまには大変な思いをしとかないと、ね。』と答えた瞬間ビックリ恥ずかしくなって『じゃ!』とその場を立ち去りました。突然、コンビニのおばちゃんにこんなこと言い出すなんて変な人みたいですよね。実際おばちゃんは、ぽか~んと僕を見ながら「はぁ」と答えるだけだったので、あぁ恥ずかしい。ちょっと極限まで疲れていて頭が変だった。一応、僕のすこぉしの名誉のために書いておくと、僕は普段はこんなに変な人じゃないですよ。多分。

 ま、とにかくこれでしばらくはマラソン大会ともお別れです。次は、また秋に涼しくなってからかな。

Feb 27, 2009

ただいま!

 昨夜遅くに無事帰ってきました。旅の疲れはなく、時差も4時間しかないのでとっても元気です。とりあえず、明日篠山マラソンなのでそれを一生懸命でも楽しんで走って、それから仕事に復帰しようと思います。もうしばらくお待ちを。
 休暇中もチラチラ読んで頂いていたようでとっても光栄です!ありがとうございます。ニュージーランドのネタもまたちょこちょこ書こうと思います。

Feb 22, 2009

山歩き

 Kepler Trackというところを三日間歩いてきました。人生初めての食料と寝袋を持参するというちゃんとした(?)山歩きです。もちろん寝袋の使い方もしらないので、「寝袋ってどうやって使うの?」など聞くたびに「Oh! Just jump into!(だた、飛び込みゃええやん)」などとバカにされました。
 ほとんど雨か曇りだったのでそれなりに過酷でしたが、いい体験ができました。また写真でも載せときます。

Feb 17, 2009

運転手の挨拶

 日本だとバス同士がすれ違う時に、運転手がお互い「やぁ」と手をあげて挨拶しますよね。これ、ニュージーランドのバスの運転手もやるのですが、僕が高速バスの一番前の席に座ってつぶさに観察した限りでは、相手はバスに限らず“自分のバスと同等以上の大きさでかつ長距離運転中のもの”を対象としているようです。つまり、高速バスの運転手からすると、路線バスには手をあげないけど大型トラックにはあげる。でも小さめの作業用トラックにはあげない、といった感じです。さしずめ、「わかってるぜ同僚、長距離運転てのはぁ大変だぜ。ま、明日にはまた女房の飯にありつける訳だし、お互い頑張ろうぜ。ぴーす。」といったところでしょうか。
 どこの国でもお仕事は大変です、はい。

Feb 15, 2009

墓参り

 バスに乗っている時に気づいたのですが、どこの墓地もそれぞれの墓にきれいに花がそえられているんですよ。そう、まるで盆や彼岸のように。これはちょっと不思議な光景でした。まさかニュージーランドに年次行事として特定の時期に墓参りをする文化があるとは思えないし。なんだろね?

Feb 13, 2009

ロトルアより

 ニュージーランドはオークランドを離れて、今はロトルアという温泉街にいます。日本のそれと同じで街全体が硫黄くさいです。
 適当に撮った写真で説明も何もないですが、暇なときにでも見てやってください。写真は随時アップしていきます。ではでは、また。

 Picasa Web Albums (携帯からでも多分見れる、ハズ)

Feb 5, 2009

引っ越しました

 休暇に入りしばらくベジベジの利用が減少するので、これを機に引っ越すことにしました。とはいっても、僕のことではなくベジベジの引越です。ベジベジというWebサイト(ホームページ)を構成する画像や文章を置いてある部屋を引っ越したということです。
 パソコンにしろ携帯にしろこれだけWebサイトというものが日常・一般化した現在、ごく基本的なことぐらいは知ってて損はないと思うので、Webサイトの仕組みというものを簡単に説明してみます。

 皆さんが普段目にするベジベジやYahoo!といったWebサイトは、「目にする」という以上、目にすべき一つ一つの文字や画像というものがちゃんとどこかの部屋に置いてあります。「どこかの部屋」は世界中のどこかということになりますが、ちゃんと住所があって見に行けるところです。そしてその住所というのは 124.83.167.212 といった "." で区切られるいくつかの数字で特定されます。(ちなみにこの住所 124.83.167.212 は2009年2月6日現在Yahoo!の住所の一つです。ためしに開いてみて下さい。)では、普段目にする www.yahoo.co.jp というのは何かというと、これは表札であり携帯電話でいうところの電話帳の見出しですね。普段携帯で電話をかけるとき、電話帳に登録してある人ならいちいちその人の電話番号10桁の数字を押してかけるということはせず、電話帳からその人の名前をさがして発信ボタンをポチッと押すだけですよね。その際、その人の10桁の電話番号が何だったかなど気にしませんよね。Webサイトもそれと同じです。「Yahoo!の住所は覚えてないけど www.yahoo.co.jp を見せて」とパソコンや携帯にこの www.yahoo.co.jp を入力すると、ちゃんとYahoo!のWebサイトが表示されます。こんな風にWebサイトの住所と表札は出来ています。
 Webサイトの画像や文章(今まさに読んでいるこの文章もそうです)はこの住所にある「部屋」に置いてあるのです。この部屋というのは実際我々が住む部屋と同じで、3LDKといった「広さ」やシステムキッチン・バス完備といった「設備」、また駅まで10分といった「立地」というのが重要な要素となります。やっぱ広くて設備が整っていて駅近物件がいいよね。今まで僕が借りていた部屋は、そうだなぁ、「4畳半一間、ブラウン管大型テレビ付き、駅まで15分」てな感じの部屋だったんですが、今回同じ家賃(月500円)で「6畳二間、液晶大型テレビ付き、駅まで12分」という物件を見つけたのです!もちろん、引越となると最初に礼金などを払う必要はあるのですが、それにしてもこれは魅力だと引っ越すことにしました。で、実際もう引越は完了して、皆さんが見ているこの文章はもう新しい部屋に置いてあるやつです。
 さて、こうして部屋を引っ越したので当然住所も変わったわけですが、大丈夫です。vegevege.net という表札は変わっていませんので、今まで通りお越し頂けます。友達から「電話番号変わったよ~」というメールを受け取ったので、自分の携帯の電話帳に登録してあるその人の電話番号を書き換えたようなものです。書き換えたって今まで通り電話帳からその友達の名前をさがして電話をかけるだけですもんね。ただ携帯の場合だと電話帳は携帯電話の数だけあるので、知り合いが多ければ多いほど大勢に「電話帳書き換えといて~」と知らせなきゃいけないので面倒です。この点Webサイトの引越は便利で、Webサイトの場合は携帯の電話帳と違って世界中の人皆が同じ一冊の電話帳を見ているので、この巨大な電話帳の中から vegevege.net の欄を書き換えればいいだけなのです。

 ま、だいたいこんな感じです。ちゃんと忘れ物なく引っ越せたと思うのですが、もしかしたら運ぶ際にどっかに落っことしてきたものあるかもしれないので、何か変なところを見つけた際は教えてやって下さい(_ _)

Feb 1, 2009

休暇願

 きのう休暇願を提出しました。一悶着はありましたが、めでたく受理されましたので休暇をとらせて頂きます。期間は、
 2月8日~3月3日
です。よって最終配達日は7日(6日受注分)になります。なお、休暇明けは大幅に品目の減少が予想されます。白菜、白ネギ、大根、ブロッコリーといった美味しい冬野菜はできれば食べ納めておいて下さいね。