May 2, 2009

愚直なおとこ

さっき、ちょっと酔っぱらったおやじが突然、
『なぁ、愚直ってどういう意味?』
と尋ねてきた。テーブルの上に広がっていた、朝日新聞別冊の表紙で躍っているのを見たんだろう。
「バカ正直」
『なんとなくは解ってて。おれなんかこの言葉好きなんよ。』
「だろうな」

言葉そのものは、英語でいう"stupidly honest"や"too honest"って感じで、決して褒め言葉ではないんだろうけど、「謙譲の美徳」は日本人にとって大きな価値観なので、どちらかというと褒める文脈で使われるんだろうと思った。なので、
「謙遜しながらも褒めてるから、自分に使うときはしっかり謙った文脈で、『俺は愚直な男だ!』などとバシッと使わず、『いやぁ、酒好きな上に短気で頭も悪く、これといって取り柄もないんですけど、愚直に生きようと思ってます。』みたく使えばええんちゃう!( ̄∇ ̄)」
と進言しといた。いやぁ、日本語・日本社会は難しいねぇ。

そんな訳で、「うちの親父は愚直な男です」とは言えませんが、うちのおやじは愚直なところもあるおとこです。
ちなみに、ベジベジで提供しているキャベツは全て僕が作ったものではなく「愚直なところもある」おやじが作ったものです。

No comments:

Post a Comment