Oct 28, 2009

1Q84

 誰かに順番抜かしされた形跡もなく、予定通り図書館の順番が回ってきたので、三日ほどかけて読んでみました。はい、一生懸命読んでみました。読んではみたのですがぁ、、、正直言うと、
「よくわからなかった。」
もちろん書いてあるのは日本語ですし、よく馴染んだ村上さんの文章でとても読みやすく、登場人物達の存在感は抜群で、その個性たるも幾人かは魅力的すぎて僕を現実から引き込みすぎて怖くなるほどでした。間違いなく最上のエンターテイメント体験でした。しかし、それ以上には、情け無いことに、今の僕では理解できなかった。より明け透けに言うなら、
「感動できなかった。」
よって、今の僕は日曜日の朝刊にあるような書評らしきものすら書くに値しない。

 全体を貫くテーマが壮大すぎるのか、それとも何か僕は知らないけど世間にはよく知られた主要なものなのか、わからなかった。
 表現方法に関しては、基本的にとっても村上さんぽい構成だし文章だったと思う。けど、明らかにこれまでよりも性的表現は多く、かなり具体的なものもたくさんあった。それら個々の表現の意味は、各部分としてはよくわかる使われ方に思えた。もちろん演出として不快に感じることはなかったし「美しい」シーンもたくさんあった。しかし、全体としてはやはりテーマそのものも掴みきれないでいたので、それら多くの性的表現の占める意味も曖昧にならざるを得なかった。
 そんな状況を見越してか、作中に僕のような飲み込みの悪い大人のために載せておいてくれたかのような「解説」がありました。そうそう、まさにこういう感じ。
物語の森では、どれだけものごとの関連性が明らかになったところで、明快な解答が与えられることはまずない。そこが数学との違いだ。物語の役目は、おおまかな言い方をすれば、ひとつの問題をべつのかたちに置き換えることである。そしてその移動の質や方向性によって、解答のあり方が物語的に示唆される。天吾はその示唆を手に、現実の世界に戻ってくる。それは理解できない呪文が書かれた紙片のようなものだ。時として整合性を欠いており、すぐに実際的な役には立たない。しかしそれは可能性を含んでいる。いつか自分はその呪文を解くことができるかもしれない。そんな可能性が彼の心を、奥の方からじんわりと温めてくれる。
 10月は個人的にちょっと忙しく再読している暇もありませんでした。一年ぐらいしたらもう一度、僕なりに解読を進めたくちゃくちゃの紙切れを片手に森の中へと入ってみようと思ってます。
 ただひとつ、最後までパッとしない僕を温めてくれたのは、まさに物語も終盤、ハッピーエンド(少なくとも僕にはそう思えた)に向けて進んでいこうとする、とてもとても大きな力強い意思でした。

No comments:

Post a Comment