Oct 1, 2009

車が遠慮して通ればいい

 鞆の浦埋め立て差し止め判決後の宮崎駿さんのコメントがよかった。
不便を忍んで生きるんですよ
不便だから愛着もわくというのが人間の心だから
便利はうるさいですよ
 とりあえず皆、幸せになりたい、と望んでいると仮定すると、あとはその時時の幸せ総量をいかに極大化するかですが、今日の日本では

 便利→→幸せ

と本気で思う人は間違いなく少数派でしょう。そういう時代は終わりつつある、ではなくて、終わって久しいと思う。しばらく経つというのに、未だ次の幸せイメージを社会全体で共有できないでいるから、今の時代は生きにくいと言われるのだと思う。自由・多様化というキーワードが象徴する今の時代に、共通の幸せなど描ききれないとも言えそうだ。確かに、現代版「巨人、大鵬、卵焼き」は描けそうにないし、「テレビ、洗濯機、冷蔵庫」に代わる今どき三種の神器を無理矢理提案しても、それは間違いなく豊かさの象徴ではなく皮肉の対象にしかならないだろう。しかしそれは、同じように具体的なイメージを描こうとするからであって、多様化した時代にも適う抽象的な幸せイメージを皆で共有することは可能だと思う。例えば、

 環境に優しく生きる
  ↓
 かっこいい
  ↓
 幸せ

こういうロジックは十分にあり得ると思う。ヒトであることに傲らず地球上の動植物と共生を図る生き方はかっこいいでしょ。あとは、あんまりたくさんの犠牲、不便を被らずに実現する術を考えていけばいいだけだ。渋滞の解決?それは、
車が遠慮して通ればいいことで、

No comments:

Post a Comment