Aug 29, 2012

しっかり生きる

今朝、親しいものが亡くなりました。彼は2、3日前から全く食べず、ただYo-Yo Maを聴きながら最後までしっかり生きて、そして死にました。
あんたまだ生きてるんでしょう!?だったらしっかり生きて!それから死になさい!!
−葛城 ミサト
言わずもがな、僕たちはあらゆる周りのものに生かされているわけで、だったら、金や石油、愛情だけでなく図らずも誘発された感情の高まりをも新たな行動の契機と評価し、エネルギーとして活かすべきなんだ。

感情というのは僕たちを否応なく支配する欠陥であると同時に、人間美の根源である。僕たちは心身の躍動に美を見、賞賛するわけだが、その心身を突き動かすのはまさに感情である。つまり喜びであれ悲しみであれ、何かが心の琴線に触れるときというのは、またと無い貴重な機会なんだ。そのような図らずして与えられた大きな機会すらきちんと活かせないようでは、きっとこの先もあらゆるものをただ消費してはげっぷを返すだけの人生で終わってしまうだろう。

僕はきっと死ぬまで無知で未熟だろうけど、それを言い訳とせずこうした機会の度に何か一つでもちゃんと学び成長しなければいけないんだ。それが僕なりの与えられたものに対する謝意の表し方であり活かし方なんだ。僕はこうやってしっかり生きようと思う。

差し当たり、僕も今日は何も食べずYo-Yo Maを聴きながら勉強しようと思う。そうでもしなければ、未熟な僕は彼の死から何かをきちんと学べる気がしない。

こなつ、ありがとう、そして安らかにすーぴー寝てください。

No comments:

Post a Comment